宮城県最低賃金総合相談支援センター

厚生労働省宮城労働局から「専門家派遣・相談等支援事業」として委託された事業です。

宮城県最低賃金総合相談支援センター

この「宮城県最低賃金総合相談支援センター」は、厚生労働省が実施する「専門家派遣・相談等支援事業」として、宮城県社会保険労務士会が宮城労働局から受託し運営しています。

電話・Eメール、来所での相談をお受けしています。詳しい相談は、実情に合ったアドバイスが必要であることから、専門家が事業所へ直接訪問して相談をお受けしています。いずれも無料です。

相談に対応するのは社会保険労務士です。社会保険労務士は、労働社会保険諸法令に関する手続きなどに精通している労務管理等の専門家で、国家資格者です。

この事業は、厚生労働省の委託事業でもあり、また、国家資格者である社会保険労務士には、社会保険労務士法により秘密を守る義務が課せられており、相談内容等についての秘密は必ず守られます。安心してご相談ください。 ご希望の場合は匿名でのご相談もお受けしています。

宮城県社会保険労務士会では、平成23年度からこの委託事業を継続して実施してきており、多くの事業主の方々にご利用いただいています。

具体的には、以下のような様々な相談に対応しています。

  • 最低賃金に関するご相談
  • 雇用保険など労働諸法令に係る助成金・奨励金についてのご相談
  • 労働時間・休日などについてのご相談
  • 就業規則・労働契約・社内規定などに関するご相談
  • 労務管理などに関するご相談
  • 労働安全衛生・労働災害などに関するご相談
  • 個別労働紛争に関するご相談
  • 経営改善などに関するご相談 等々

但し、具体的な成果物の作成依頼、検証依頼は対象外となりますのでご了承ください。

これまで、これ以外でもいろいろな相談が寄せられています。
ぜひ一度ご相談ください。